新種のシダムシ 90年間、他種と誤認 遺伝子情報で判明 鳥羽水族館

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
新種と判明したアカヒトデシダムシ。体長は4.1センチ=鳥羽水族館提供
新種と判明したアカヒトデシダムシ。体長は4.1センチ=鳥羽水族館提供

 鳥羽水族館(三重県鳥羽市)は14日、アカヒトデの体腔(たいこう)内から見つかった甲殻類のシダムシが新種と判明し、「アカヒトデシダムシ(学名・デンドロガステル アドハイデンス)」と名付けたと発表した。1931年に見つかった際には別のヒトデの名を冠した「ルソンヒトデシダムシ」と分類されていた。今回、同館の研究で約90年ぶりに新種のシダムシと判明し、同日から一般公開を始めた。

 新種のシダムシは2017年7月、同県志摩市志摩町御座の浅い海域で、同水族館学芸員の森滝丈也さん(50)が採取したアカヒトデの体内に寄生していた。体長は4・1センチ。体の枝分かれの仕方や触覚の形が既存のシダムシと違うため、広島大大学院生の吉本明香里さん(24)ら3人と共同研究し、遺伝子情報から新種と分かった。研究成果は7日に専門誌に公開された。

この記事は有料記事です。

残り145文字(全文505文字)

あわせて読みたい

注目の特集