メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インスピ杉田さん作曲「のむらからの手紙」 西日本豪雨被災地の児童と応援歌

動画一場面=hamo-labo提供

 ♪今、災害から2年 少しずつ活気を戻して 静かだった野村も にぎやかになってきとるよ

 新型コロナウイルスの影響で社会に閉塞(へいそく)感が漂う中、西日本豪雨(2018年)の被災地、愛媛県西予市・野村町地区の市立野村小6年生39人が、幅広い世代から人気を集めるアカペラグループ「INSPi(インスピ)」の杉田篤史さんと応援ソング「のむらからの手紙~応援するけん がんばってや~」を制作した。豪雨の時に助けてもらった感謝の思いを歌に乗せ、新型コロナで大切な人に会えなかったり、奮闘したりしている人々にエールを送る。

 被災後、復興ソングを制作したことをきっかけに交流が生まれた両者。20年の「豪雨2年」に合わせ、インスピが野村町地区で開催されるコンサートに出演する予定だったが、新型コロナで延期に。そこで、オンライン授業を通してオリジナルの歌を作り、災害支援の恩返しとして全国へ届けることなった。

この記事は有料記事です。

残り1337文字(全文1733文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

  2. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  3. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  4. 検証プラス・新型コロナ 経済対策迷走①特別定額給付金 「一律10万円」で綱引き、遅れた給付

  5. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです