メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナで高校生の求人減 企業説明会、辞退する会社も 「地方ほど厳しい環境」

合同企業説明会の会場で、感染防止のため透明のシート越しに向かい合う企業担当者と高校生たち=千葉市内で2020年7月4日午後1時14分、千脇康平撮影

 近年「売り手市場」が続いてきた高校生の就職戦線にコロナ禍が暗い影を落としている。7月1日から求人票が公開され、就職活動がスタートしたが、新型コロナウイルスで大きな打撃を受けている宿泊や飲食業などを中心に求人が減るとみられ、就職内定率の地域格差が広がることも懸念されている。

 今月4日、千葉市であった高校生対象の合同企業説明会「ジョブドラフトFes」。約40の企業・団体などのブースが並び、マスクとフェースガードをつけた採用担当者が透明のシート越しに高校生と向き合った。飛鳥未来高千葉キャンパス3年の内藤友暉さん(18)は「全国的に感染者が増えていて怖いが、人の良さや企業の雰囲気は直接会ってみないと分からない。積極的に回って可能性を広げたい」と話した。

 しかし、新型コロナの影響で雇用環境は厳しさを増している。説明会を主催した高校生の就職支援会社「ジンジブ」(東京都)によ…

この記事は有料記事です。

残り879文字(全文1266文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック中止を申し入れ 共産都議団「コロナ対策に集中を」

  2. 国民民主、独自の編成替え動議提出 現役世代への10万円給付要求 野党協調にも配慮

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです