メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤井七段が最年少タイトルか、先手番・渡辺棋聖がタイか 16日棋聖戦第4局

藤井聡太七段=愛知県豊橋市で2020年7月2日、兵藤公治撮影

 将棋の高校生棋士、藤井聡太七段(17)が渡辺明棋聖(36)に挑戦し、藤井の2勝1敗で迎える第91期棋聖戦五番勝負(産経新聞社主催)の第4局は16日、大阪市福島区の関西将棋会館で指される。藤井は、勝てば初タイトル獲得となり、屋敷伸之九段(48)が持つ最年少獲得記録(18歳6カ月)を30年ぶりに更新す…

この記事は有料記事です。

残り195文字(全文345文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風12号発生 今後の情報に注意呼びかけ 気象庁

  2. 現場から うがい薬で「コロナに勝てる」、不十分なデータ基に会見 一府民、情報公開請求で解明 活動、ネットで広がる /大阪

  3. 全国初 レクサスパトカー GT-Rに続き会社役員が栃木県警に寄贈

  4. 永和商事ウイング快勝 スクールパートナーは敗退 都市対抗東海2次

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです