メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナ禍に9兆円のリニアを建設する意味は… 静岡県の抵抗、揺らぐプロジェクト

静岡県庁でJR東海の金子慎社長(左)を出迎える川勝平太知事=静岡市葵区で2020年6月26日、古川幸奈撮影

 JR東海が運行するリニア中央新幹線(品川―名古屋間)の2027年開業に黄信号がともっている。ルートの一部がある静岡県から環境問題を理由に着工を拒まれ、打開策を見いだせない状況だ。背景には、JR東海と静岡県が抱える不和も垣間見える。新型コロナウイルスの感染拡大も逆風になりかねず、政府が3兆円の財政投融資を投入した「国家プロジェクト」が揺らいでいる。

 着工が遅れているのは、南アルプストンネル(全長25キロ)の静岡工区(8.9キロ)。品川―名古屋間(286キロ)の3%に過ぎない区間だが、静岡工区を含む同トンネルは、上にかぶさる山の高さが最大1400メートルという難工事が待ち受ける。工期は約7年5カ月かかるとされ、「27年の開業は難しい」(JR東海)状況だ。

 着工できないのは、許可権限を持つ静岡県が工事を認めないからだ。理由は、南アルプスを源流とする大井川の水問題。トンネル掘削…

この記事は有料記事です。

残り2763文字(全文3154文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  2. 首相「50年までに温室効果ガス排出実質ゼロ」表明へ 国際圧力高まり対策強化

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 選手村マンション オリンピック延期で無人でも夜に照明 電気代どこから?

  5. 社民・福島党首「党大会すべきでない」 幹事長「招集済み」 立憲合流巡り混迷深まる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです