特集

九州豪雨

2020年6月、梅雨前線の影響で九州各地が記録的な大雨に見舞われました。被害や復興の状況を伝えます。

特集一覧

八代海・有明海の流木など 九州北部豪雨の5倍超 終わり見えぬ回収作業

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 九州各地に甚大な被害をもたらした豪雨の影響で、氾濫した球磨(くま)川などの河川から大量の流木などが海に流れ込んでいる。国土交通省九州地方整備局が4日から14日までに回収した熊本県沖の八代(やつしろ)海・有明(ありあけ)海の漂流物は、2017年7月の九州北部豪雨の有明海での回収量(1158立方メートル)の5倍強の約6583立方メートルに上る。雨が続き流木はまだ増える可能…

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文467文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集