メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リニア遅れ「2037年大阪延伸に影響」 ルート変更「あり得ない」 JR東海社長

リニア中央新幹線について質問に答えるJR東海の金子慎社長=名古屋市中村区の同社本社で2020年7月15日午後3時45分、兵藤公治撮影

 JR東海の金子慎社長は15日、早ければ2037年としてきたリニア中央新幹線の名古屋―大阪間延伸について、「影響が出ると懸念している」と述べ、3大都市圏を結ぶリニア計画全体に遅れが生じる可能性に初めて言及した。27年開業予定の品川―名古屋間については「(新たな開業時期を)いつにするという話とセットになる」とし、延期を明言しなかった。

 金子社長は、未着工の静岡工区以外の工事は「ペースダウンせず進める」と述べ、それにより「余力を生み出すことができれば、名古屋以西の準備にかかりたい」として、大阪延伸の遅れを最小限にとどめたい考えを示した。

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文629文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  2. トルコ沖地震死者20人に ギリシャ・サモス島でも2人死亡 救助活動続く

  3. 「崩落の前兆」危機感共有されず 対応後手に 逗子・女子高生死亡

  4. ORICON NEWS Kis-My-Ft2&SixTONES『チャリティ・ミュージックソン』メインパーソナリティに就任 ジャニーズ2組は史上初

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 気に入らない生徒を廊下に立たせる先生でよいか 作家・あさのあつこさん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです