メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「旅行に行って」とも「GoTo反対」とも言えぬ 大手担当者の本音

内外の観光客でにぎわう京都の「竹林の小径」=京都市右京区で2018年11月、奥村隆撮影

 「Go Toキャンペーン」が逆風にさらされている。感染拡大につながるとして批判の声が多いが、キャンペーンに期待する観光業者も少なくない。「こんな状況で、旅行に行ってくださいとは言えません。でも、キャンペーンに反対とも言えないんです」。大手旅行会社の担当者が、複雑な胸の内を明かした。

           ◆

 感染者が増えるなか、「Go Toキャンペーン」について旅行会社としてコメントするのはすごく難しいですよ。ただ、我々としてはずっとツアーも組めなくて、予約も受け付けられなくて、売り上げもゼロが続きました。それが、県外への移動自粛が解除されてからは、少しずつ旅行の申し込みもいただけるようになった。その中で、このキャンペーンを我々も楽しみに待っていたのです。この状況を反転できるタイミングだと信じていたのです。これは旅行従事者みんなそうだと思います。

 どうやったら新型コロナウイルスの渦中でも安心してツアーができるのか。それを、観光事業者や従事者と連携して、ルール付けを一つ一つ検討して、決めてきました。

 お客様の背中を押すのは、もちろん「金額が安い」というのはありますが、国が「皆さん行っていいですよ!」「大丈夫ですよ」と後ろ盾をになってくれることも…

この記事は有料記事です。

残り661文字(全文1190文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  2. 「Hey!Say!JUMP」伊野尾さんがコロナ感染 他メンバーは陰性

  3. 出た!大阪・梅田で人骨1500体超 別の場にもウメタ?埋葬想定より遅い江戸~明治

  4. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

  5. シリーズ・疫病と人間 あまりに悠長だ。政権も野党も国民も ファーストリテイリング会長兼社長・柳井正氏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです