メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

体操・寺本「さらに語る演技を」「けが、しっかり治せる」 オリンピックへ意気込み

アキレスけんのけがを乗り越え、練習に励む寺本明日香=ミキハウス提供

 体操女子で五輪に2大会連続で出場し、今年2月に左アキレスけんを断裂して手術した寺本明日香(ミキハウス)が15日、オンラインで取材に応じ、延期となった来夏の東京オリンピックへの意気込みを語った。

 寺本は2月、床運動の練習中にアキレスけんを断裂。直後は「終わった」と引退が頭をよぎったという。だが、自分以上に東京五輪への挑戦を諦めずにいるコーチらに励まされ、「や…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文450文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪で新たに151人コロナ感染 重症者は70人で過去最多

  2. 「逮捕は時間の問題」「抗議運動、続けていく自信はある」香港の民主活動家・黄之鋒氏 覚悟を語る

  3. 渡辺が初の名人位奪取 4勝2敗で豊島降す 現役最多の3冠に

  4. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  5. 天然アユ食べて健康な目に 病気予防の色素豊富 岐阜薬科大グループ発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです