メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナでインターハイ中止 別の場で高校日本一を 元五輪選手ら、代替大会発案

非公認ながら中学生や高校生の陸上日本一を争う「バーチャル・ディスタンス・チャレンジ」の概要を伝える画面=バーチャレ運営委員会提供

 「慣例」にとらわれず、日本一を目指そう――。新型コロナウイルス感染拡大の影響で史上初の中止となった全国高校総合体育大会(インターハイ)などの代替大会を創設する動きが広がっている。従来は各競技の統括団体が中心となって大会を主催してきたが、「最終学年」の選手たちの晴れ舞台を作ろうと、元五輪選手らが発案。一方で既存大会の関係者からは戸惑いの声も上がっている。

 陸上の中学・高校日本一を決める大会の会場は、競技場ではない。学校のグラウンドでコーチの伴走を受けながら疾走し、マネジャーが手動でタイムを測る。7~8月に開催予定で、記録と動画をオンラインに上げてランキング化する全国大会「バーチャル・ディスタンス・チャレンジ」が想定するシーンだ。運営するのは中長距離の国内トップ選手が所属するクラブチーム「TWOLAPS TC」。クラブの代表兼コーチで2012年ロンドン五輪男子800メートルに出場した横田真人さん(32)が発起人となった。

 陸上界では、日本陸上競技連盟によるインターハイの代替大会が10月に開催される。しかし、年代別の全国大会でトップ選手の参加を想定しており、誰もが参加できるわけではなかった。各地の大会の公認記録をランキング化するリモート大会も開催予定だが、感染防止対策などもあり公式大会を開けない地域では参加することができない。

この記事は有料記事です。

残り1508文字(全文2078文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  2. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  3. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  4. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  5. ORICON NEWS 漫画『チェンソーマン』累計300万部突破、作者喜び ジャンプの話題作で重版続く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです