メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論の周辺

物を書く人間の責務として

村上春樹「猫を棄てる」

 7月上旬、作家の村上春樹さん(71)に会い、長時間インタビューすることができた。話題はラジオのディスクジョッキー(DJ)体験に始まり多岐にわたったが、ここでは4月刊行のエッセー『猫を棄(す)てる』(文芸春秋)をめぐっての発言を紹介したい。2019年に雑誌発表され、08年に90歳で亡くなった父親の従軍歴などプライベートな内容が注目を集めた。

 70歳を機にDJなど新たな試みを始めたという村上さんは、この自伝的文章について次のように語った。「今、書いておかないとまずいなと考えました。正直言って、身内のことで、あまり書きたくなかったんですけど、書きのこしておかないといけないものなので、一生懸命書いたんです。物を書く人間の一つの責務として」

この記事は有料記事です。

残り1160文字(全文1480文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 残業176時間「ごめん、辛抱できん」 近大職員が自殺 労災認定求め国提訴

  2. 緊急事態、愛知県が独自宣言 6~24日 不要不急の県境移動自粛を要請

  3. 都内でも「うがい薬は売り切れ」の張り紙 一夜にして店頭から消えた 「吉村知事会見」を考える

  4. 大阪で新たに196人感染 過去3番目の多さ 障害者施設でクラスターか

  5. 福岡県「飲み会は2時間以内」「2次会控えて」 コロナ警報を発動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです