メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論の周辺

物を書く人間の責務として

村上春樹「猫を棄てる」

 7月上旬、作家の村上春樹さん(71)に会い、長時間インタビューすることができた。話題はラジオのディスクジョッキー(DJ)体験に始まり多岐にわたったが、ここでは4月刊行のエッセー『猫を棄(す)てる』(文芸春秋)をめぐっての発言を紹介したい。2019年に雑誌発表され、08年に90歳で亡くなった父親の従軍歴などプライベートな内容が注目を集めた。

 70歳を機にDJなど新たな試みを始めたという村上さんは、この自伝的文章について次のように語った。「今、書いておかないとまずいなと考えました。正直言って、身内のことで、あまり書きたくなかったんですけど、書きのこしておかないといけないものなので、一生懸命書いたんです。物を書く人間の一つの責務として」

この記事は有料記事です。

残り1160文字(全文1480文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 視聴室 美女と焼肉

  2. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  3. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです