メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

梅田-神戸結び100年 阪急、沿線開発で主力路線に 9月まで記念ヘッドマーク

開業100年を記念するヘッドマークをつけた阪急神戸線の車両=大阪市北区で2020年7月16日午前10時34分、藤井達也撮影

 大阪・梅田と神戸を結ぶ阪急電鉄神戸線が16日、開業100年を迎えた。既に阪神間に開通していた旧国鉄(現JR西日本)や阪神電鉄より内陸の六甲山側に線路を敷いて宣伝に力を入れ、沿線を開発して主力路線となった。阪急電鉄は一部の電車に100周年記念のヘッドマークをつけ、9月末まで運行する。

 「綺麗(きれい)で早うて。ガラアキで 眺めの素敵(すてき)によい涼しい電車」。1920年7月16日の開通時、がら空きを強調する自虐的とも言える新聞広告に、多くの人が目を見張った。創業者の小林一三(いちぞう)氏発案のフレーズ。当時田園風景だった沿線は、駅周辺を宅地開発するという小林氏の経営手法で、文化人や財界人も移り住む閑静な住宅街に生まれ変わった。

 最初の神戸駅(旧上筒井駅)は現在の神戸三宮駅から北東に約2キロ離れた場所にあった。市街地を走るための高架が完成し、36年に今の駅まで乗り入れた。阪急電鉄によると、神戸三宮駅の1日平均の乗降客数は40年の3万2885人から2019年には10万5849人にまで増えた。

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文795文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「鬼滅の刃」興行収入275億円 「タイタニック」超え、歴代2位に

  3. 山形女医殺害「殺意なかった」 元大学生の被告、一部否認 地裁初公判

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 米砂漠の“謎の金属柱”消える 連邦政府機関「未知の個人・集団が撤去」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです