メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 注文続々、町工場のフェースガード 「薄さ、透明度トップ級」 八潮・従業員9人 /埼玉

フェースガードを装着した(右から)木村嘉宏社長、父徹さん、姉の吉田史子さん=埼玉県八潮市で

 コロナ禍が本格化した3月、八潮市八條にある従業員9人の町工場が、感染防止のために顔全体を覆う透明なフェースガードを国内でいち早く開発した。現在では県内800余の医療機関に供給するほか、手話通訳用としても首相官邸に届けられて注目を集め、県内外のろう学校に提供。感謝の手紙が相次いで届いている。【武田良敬】

 プラスチック製造の「タイロン」。中川に近い鉄骨2階建て工場の生産ラインから、幅70センチのポリプロピレン(PP)の透明シートが織り出されている。

この記事は有料記事です。

残り988文字(全文1213文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 大阪府知事「うがい薬でコロナ陽性減」 個別商品示す意味あるのか

  2. 「予防効果一言も」「しゃべれなくなる」うがい薬発表翌日の吉村知事一問一答

  3. ジャパンライフ立件へ 被害2000億円、元会長ら詐欺容疑 警視庁

  4. 菅官房長官、アベノマスクしないのは「暑そうで」 ネット番組で

  5. 新型コロナ 新たに10人が感染 確保の155床に115人入院 /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです