メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

柏崎、出雲崎で風力発電 東京の企業計画 26年運転目指す /新潟

 風力発電事業の「日本風力エネルギー」(東京都港区)は15日、柏崎市、出雲崎町での大規模風力発電所の建設計画を発表した。風車は18基程度、総出力は9万5400キロワットで、実現すれば県内最大の風力発電施設となる。

 同社は、アジア太平洋地域で再生可能エネルギー発電事業を展開する「ヴィーナ・エナジー」(シンガポール)の子会社。国内では太陽光発電がメインで風力としては後発。現在、熊本、青森県で風力発電所を建設中だ。

 計画では、同市大湊―椎谷と同市西山町大津―出雲崎町勝見の二つのエリアが候補地。ともに海に近い山間部を想定している。

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文585文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  3. 安倍氏の「事実と異なる国会答弁」33回、分析すると…三つのパターン

  4. ディエゴ・マラドーナさん死去 60歳 サッカー界の「レジェンド」

  5. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです