メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

飛驒川氾濫1週間 自宅再建、見通せず 「怖くて戻れない」 基礎削られ崩れ落ちそうな我が家 /岐阜

豪雨で増水した飛驒川に基礎部分を削られた家屋=8日

 豪雨の影響で飛驒川が氾濫してから15日で1週間が経過した。8日に増水した飛驒川に自宅の基礎部分を削られた下呂市小坂町門坂の一軒家。畑や庭は跡形もなくなり、家屋は崩れ落ちそうな状態のままだ。住民の女性(63)は市営住宅で仮住まいするが、自宅に立ち入ることができず、家財道具も取り出せないままだ。

 女性は夫(67)と母親(85)と3人で暮らす。雨がひどくなった7日夜は川側の1階にある寝室で川が増水したら避難しようと眠らずに水位を注意深く見ていた。8日午前2時ごろ、水位が一気に1~2メートル上がり、自宅の近くまで迫っていた。

 慌てて夫と一緒に高齢の母親を車に乗せ、避難所になっていた約4キロ先の集会所を目指した。山あいの道路には土砂や大きな石が流れ出ていた。土砂降りの中、何度も車を止め、手で石をどかしながら、少しずつ車を進めた。普段は10分程度で着くところが、約1時間かかった。

この記事は有料記事です。

残り608文字(全文998文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

  2. 家宅捜索で記録媒体握りつぶした疑い 証拠隠滅容疑で弘道会系組長逮捕 愛知県警

  3. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  4. 持続化給付金詐取の疑い 国立印刷局の職員2人を逮捕、国家公務員で初 警視庁

  5. 偽の「市長意見書」を離婚訴訟で証拠提出 容疑の福知山市職員逮捕 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです