メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 県岐阜商、生徒200人を検査へ 感染の教諭、保健体育を担当 /岐阜

 運動部の強豪を多く抱える県岐阜商高(岐阜市)の運動部の顧問の40代の男性教諭が、新型コロナウイルスに感染していた。県と市が15日、発表した。市は今後、男性が授業や部活動で接触した生徒約200人に対しPCR検査(遺伝子検査)を実施するが、今後の影響が心配される。

 県教委によると、男性は保健体育の授業を担当。同校は豪雨の影響で7~9日は休校した…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文432文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  2. サッカー 新型コロナ なでしこ唯一の海外組・熊谷、隔離免除で合宿「感謝」

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 山形眼科医殺害 被告が殺意否認 地裁初公判

  5. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです