「日本一のほうじ茶に」 富士市がブランド化へ 若手ら初会合 /静岡

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
試飲のため、ほうじ茶をいれる若手生産者たち=静岡県富士市で
試飲のため、ほうじ茶をいれる若手生産者たち=静岡県富士市で

 富士市は市内で生産、加工されるほうじ茶のブランド化に乗り出した。新商品づくりに向けて、茶生産者の若手らが15日、市役所に集まって初会合を開いた。

 富士市によると、市内の茶農家は、生産・加工・販売を一貫して行う「自園自製自販」が多い。茶の価格が低迷する中、富士市の茶は摘み取り時期が遅いため、他地域よりも低い価格で取引される傾向がある。若手生産者たちは現状を打破するため、市場規模が拡大するほうじ茶に着目。ブランド化し…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文523文字)

あわせて読みたい

注目の特集