メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 学生生活に大きな影 家計急変相次ぎ困窮 /奈良

「給付金が入り、やっと少し落ち着いた」と話す池上さん=奈良市で2020年6月25日午後5時3分、林みづき撮影

[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大による家計の急変やアルバイトの雇い止めなどで、生活に困窮する学生が後を絶たない。県内の感染者は再び増加傾向にあり、学生を取り巻く厳しい状況はしばらく続きそうだ。生活環境の変化に加え、慣れないオンライン授業に大量の課題がのしかかる。留学の夢を絶たれた学生もおり、長引くコロナ禍は学生生活に大きな影を落としている。学生らの「いま」を取材した。【林みづき】

 「お金のことが心配で、勉強に身が入らない」。奈良女子大文学部の3年生、池上亜美さん(22)は、そう窮状を訴える。来年の就職活動のためにと貯金した10万円を取り崩しながらの生活。入学当初から奨学金とアルバイトで生活費をまかなってきたが、大学の図書館やホテルの土産物屋の仕事は4月以降、なくなったという。買い物や外食を控え、自炊して生活費を切り詰める。

 一人一律10万円の特別定額給付金や、困窮学生のための政府の緊急給付金も申請。6月末にやっと支給されたが、「今後、感染の第2波、第3波が来ることを考えると、安心できない。周りには自分以上に困り、明日の生活を心配する友人もいる」と不安を口にした。

 前期の講義科目は全てオンライン授業になった。ようやく慣れてきたものの、毎日大量の課題をこなすのに必死だ。引きこもりがちな生活でストレスもたまり、精神的に「しんどくなってきた」とも話す。「毎日キャンパスで友人に会うことで刺激をもらい、頑張れていたんだな」と、「当たり前」だった日常の尊さを実感している。

 異国の地での「緊急事態」に、外国人留学生らも不安を抱えながらの生活が続く。昨年9月から奈良教育大で学ぶマレーシア出身のシャロン・クアン・ジアイーさん(23)もその一人だ。寮にこもる毎日は、「まるで春休みがずっと続いているよう」とジアイーさん。日本の文化や生活を体験したいと猛勉強してつかんだ留学だった。大学内外で日本語を話す機会もめっきり減ったといい、「人と人とのつながりが弱くなっているのを感じる。とても良くない」と肩を落とす。

 留学生の身の回りの世話や学習を支援する同大3年生の嶋田智沙恵さん(20)は「勉強や生活のサポートもいつも通りにはいかず、心配だ」と案じる。自身も秋から予定していた上海への留学が中止になり、悔しい思いをした。「一生に一度しかない留学。大学側の大変さもわかるが、代替策を検討するなどもう少しフォローがほしい」と話した。

経済的な支援広がる 基金設立や食費補助など 県内大学

 各大学は、キャンパスへの立ち入り禁止やオンライン授業の実施といった感染防止策を講じるだけでなく、生活に困窮する学生を支援する基金の設立など、経済的な支援にも乗り出している。

 天理大や帝塚山大は、オンライン授業に欠かせないWi-Fiの設置など学習環境の整備費として、全学生に一律3万円の支援金給付を決定。天理大は15日時点で2625人に、帝塚山大は6月末に全学生約3700人に、それぞれ給付した。

 奈良女子大は学生を経済的にサポートする「奈良女子大学なでしこサポート制度」を設立。OGなどから寄付を募ったところ、これまでに約1000万円が集まった。コピー代など学習に必要な資金や生協弁当の半額助成、大学でのアルバイトの機会創出などに充てているという。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

  2. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  3. 決勝はホンダvsNTT東日本 ともに3回目の優勝目指し、3日対戦 都市対抗

  4. セガサミー「助っ人ルーキー」大内が躍動、充実感も 「来年は自チームで」 都市対抗

  5. 偽の「市長意見書」を離婚訴訟で証拠提出 容疑の福知山市職員逮捕 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです