メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 新たに5人の感染確認 県内126人 佐川急便従業員など /奈良

[PR]

 県などは15日、新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生した佐川急便奈良営業所(大和郡山市)の20代女性従業員(奈良市)など、新たに5人の感染が判明したと発表した。いずれも軽症という。県内の感染確認は計126人(他府県との重複発表者は除く)となった。

 女性従業員は内勤で、12日に発熱や頭痛などの症状が出た。職場で感染者が出ていることからPCR検査(遺伝子検査)を受け、15日に陽性と判明。同営業所従業員の感染者は計10人となった。

 20代男性会社員(奈良市)は9日に発熱などを発症し、14日に陽性が判明。大阪市内で頻繁に飲食していた。20代無職男性(同)は13日に熱が出る前、同市内で何度か飲食したという。14日に陽性がわかった。

 他に、斑鳩町の50代女性会社員と80代女性は、10日に感染が確認された同町の20代男性会社員の母と祖母。2人とも13日に検体を採取し、14日に陽性と判明した。家庭内感染と推定される。【久保聡】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ヘルパーからコロナ感染し死亡」 82歳女性の遺族が介護事業所を提訴 広島

  2. #最後の1年 コロナ禍の受験シーズン 最後を決めたサッカー部員と母の思案 横浜市立旭中

  3. 「前例ない決定、菅首相がなぜしたかが問題」学術会議任命外された加藤陽子氏コメント

  4. フランス料理のシェフ、関根拓さん死去 39歳

  5. ORICON NEWS 江頭2:50、大川興業を退社 公式サイトで報告「ありがとうございました」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです