メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

江の川氾濫 床上50、床下31棟浸水 6市町、片付けに追われる /島根

長時間水没したゴボウ畑を見つめる反田孝之さん=島根県江津市桜江町田津で、小坂春乃撮影

 江の川下流の氾濫から一夜明けた15日、被災地では降り続く雨の中、片付けに追われた。県の同日午後4時現在のまとめでは、家屋の浸水は6市町で床上50棟、床下31棟。うち江津市は床上30棟、床下14棟としている。

 江津市桜江町田津の農家、反田孝之さん(50)が肥料を使わず丹精し、「日本一おいしい」と評判のゴボウなどの畑は6ヘクタールがひざの高さまで約10時間にわたり水没。大半を出荷できず、被害見込みは約500万円という。2018年の西日本豪雨でも被災した反田さんは「4年に1度は水害、と頭に入れているが、こう増えると経営が成り立たない。でも、深く掘っても石がなく、…

この記事は有料記事です。

残り424文字(全文706文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  2. GoTo停止 官邸「東京まだ逼迫してない」 札幌・大阪発自粛要請

  3. 全国で新たに1945人の感染を確認 死者は21人増え、計2049人に

  4. 嘉穂劇場の運営団体解散へ コロナで経営難、30日決議 福岡・飯塚

  5. 大阪府の感染状況は「緊急事態宣言級」 専門家が憂う最悪の事態とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです