連載

なるほドリ

ニュースの背景や素朴な疑問を「なるほドリ」が質問。担当記者がQ&Aでわかりやすく答えます。

連載一覧

なるほドリ

大雨特別警報の発令基準は? 予想雨量「50年に1度」 毎年発令、今月中に改正=回答・黒川晋史

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 なるほドリ 九州の豪雨で「大雨特別警報(おおあめとくべつけいほう)」が出ていたね。気象庁(きしょうちょう)は「数十年に1度の大雨に警戒を」と言っていたけど、毎年のように発令されている気がするよ。

 記者 気象庁は7月の豪雨で、4日に熊本県と鹿児島県▽6日に福岡、佐賀、長崎の3県▽8日に長野県と岐阜県――に大雨特別警報を発令しました。大雨特別警報の制度が始まったのは2013年ですが、全国のどこかで毎年必ず出され、年間の発令ペースは平均2回になっています。

この記事は有料記事です。

残り448文字(全文676文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集