メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新党「立憲民主党」案 合流協議、国民に提示

 立憲民主党の福山哲郎幹事長は15日、国民民主党の平野博文幹事長と国会内で会談し、停滞する両党の合流協議の打開に向け、新たな提案を文書で示した。両党を解散し、新党「立憲民主党(略称・民主党)」を結成するなどとする内容。国民は党内協議に入るが、党名に「立憲」を入れることに拒否感が根強く、協議進展はなお見通せない。

 合流に関する幹事長会談は、1月にいったん破談になって以来半年ぶり。提案は5項目で、新党結成のほか、結党大会で党代表選を実施▽両党の綱領を踏まえ、新綱領を作成▽次期衆院選での両党の比例順位は同一とする--など。福山氏は会談後、記者団に「通常国会の終盤から平野氏と水面下で協議をスタートさせていた」と明かした。

この記事は有料記事です。

残り389文字(全文699文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  2. 智弁和歌山アベック優勝 女子は初の栄冠 高校駅伝予選

  3. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

  4. ORICON NEWS 『アイマス』声優・大坪由佳が結婚報告 お相手は29歳の一般男性

  5. ORICON NEWS 金田朋子「娘が笑えば何でもよい」子育て動画が88万再生 ポジティブを"貫く"子育て論

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです