メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・社会保障

高齢者の就農、介護予防に効果

農作業には、未経験者も参加し始めている=高知県香美市社会福祉協議会提供

 担い手不足に直面している農業に、高齢者が参画する動きが広がっている。新型コロナウイルスの感染拡大で注目されるテレワークや、都市集中から地方分散の流れが、就農を後押しするか。

 周囲にのどかな田園風景が広がる広島県庄原市のデイサービスセンター「ひまわり」。約30人の高齢者をケアしている生活相談員、松井由亀恵(ゆきえ)さん(51)には忘れられない出来事がある。昨年春、軽い認知症がある要介護2の80代女性がジャガイモの種まき後、普段は手放せないつえを畑に忘れて戻ってきたからだ。しかも、「あー、気持ちよかった」と満面の笑みだった。

この記事は有料記事です。

残り1222文字(全文1486文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 残業176時間「ごめん、辛抱できん」 近大職員が自殺 労災認定求め国提訴

  2. 緊急事態、愛知県が独自宣言 6~24日 不要不急の県境移動自粛を要請

  3. 都内でも「うがい薬は売り切れ」の張り紙 一夜にして店頭から消えた 「吉村知事会見」を考える

  4. 大阪で新たに196人感染 過去3番目の多さ 障害者施設でクラスターか

  5. 福岡県「飲み会は2時間以内」「2次会控えて」 コロナ警報を発動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです