メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

坂村健の目

オープンデータの意味

 厚生労働省のサイトから新型コロナウイルス感染状況が、オープンデータとしてダウンロードできるようになった。7月3日の大臣の定例記者会見で発表されたらしいが、残念ながらマスコミでは全くニュースにならなかった。データに気付いた人がツイートし、5日になってネットで話題になり、私が知ったのもそのおかげだ。

 確かにわかりにくいニュースだが、実は行政の姿勢の転換として大きな意味がある。

 以前から厚労省は、ホームページで新型コロナウイルス感染症に関する特設ページを作り感染状況などをグラフで発信していた。しかし、大臣会見によると「見にくい、分かりにくいというご批判が多かった」そうで「CSVファイルというデータの形で過去のデータも提供する」ことに。

この記事は有料記事です。

残り859文字(全文1178文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 4800万円脱税罪、人材派遣会社を起訴 横浜地検 売り上げ6億円申告せず

  2. 神奈川・逗子斜面崩落 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  3. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  4. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  5. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです