メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

坂村健の目

オープンデータの意味

 厚生労働省のサイトから新型コロナウイルス感染状況が、オープンデータとしてダウンロードできるようになった。7月3日の大臣の定例記者会見で発表されたらしいが、残念ながらマスコミでは全くニュースにならなかった。データに気付いた人がツイートし、5日になってネットで話題になり、私が知ったのもそのおかげだ。

 確かにわかりにくいニュースだが、実は行政の姿勢の転換として大きな意味がある。

 以前から厚労省は、ホームページで新型コロナウイルス感染症に関する特設ページを作り感染状況などをグラフで発信していた。しかし、大臣会見によると「見にくい、分かりにくいというご批判が多かった」そうで「CSVファイルというデータの形で過去のデータも提供する」ことに。

この記事は有料記事です。

残り859文字(全文1178文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

  2. 人気ラーメン店にピエロ覆面空き巣 埼玉「ジャンクガレッジ」、4容疑者逮捕

  3. 「花梨と一緒にいるよう」災害関連死の娘思い 病院敷地にフランスギク 熊本

  4. 民主活動家・周庭氏保釈される 黄之鋒氏らが出迎え 香港警察が10日に逮捕

  5. 東京駅近くに閉店キャバクラのゴミを不法投棄容疑 元経営者らを書類送検 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです