メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

法務・検察刷新会議が初会合 賭けマージャン問題 信頼回復へ「半年で結論」

法務・検察行政刷新会議であいさつする森雅子法相(左奥)=法務省で2020年7月16日午後2時8分、長谷川直亮撮影

 黒川弘務・前東京高検検事長の賭けマージャン問題を受け、信頼回復に向けた方策などを議論する「法務・検察行政刷新会議」(座長=鎌田薫・前早稲田大総長)の初会合が16日、法務省で開かれた。会議は非公開で行われ、鎌田座長は終了後、「信頼回復のためにどのような手当てを講じるか、基本的な考え方を示すのがこの会議の任務だ」と話し、半年ほどで結論を出したいとの見通しを示した。

 森雅子法相は冒頭、黒川氏の定年延長が世論の反発を招いたことや、カルロス・ゴーン被告の国外逃亡で日本の刑事司法制度が批判されたことを踏まえ「法務・検察の内実や刑事手続きが、理解を十分に得られているとは言い難い」と述べ、透明性の確保などを課題に挙げた。次回会合で論点整理を行う。

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文551文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. フィギュア界のサラブレッド躍動 新王者・鍵山 羽生以来の17歳 NHK杯

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  4. 航空石川建材廃棄訴訟 学園側「請求棄却を」 業者に反論 地裁 /石川

  5. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです