メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一足早く…麻生派が政治資金パーティー 漂う早期解散説「早めに集める気?」

麻生派の政治資金パーティー「志公会と語る夕べ」であいさつする麻生太郎会長=東京都千代田区のホテルニューオータニで2020年7月16日、玉城達郎撮影

 自民党麻生派(志公会)は16日夜、東京・紀尾井町のホテルで政治資金パーティーを開き、1000人超が出席した。衆院の早期解散説もささやかれる中、党内7派閥の先陣を切り、結束を確認。新型コロナウイルス感染対策を徹底するため、食事提供も記念撮影もない異例の形式とした。

 各派は当初3~5月の開催を予定したが、感染拡大を受けて延期し、麻生派以外は9~10月に再設定した。麻生派会長の麻生太郎副総理兼財務相は安倍晋三首相に今秋の衆院解散を繰り返し進言しているとされ、今回のパーティー開催は他派閥から「早めに選挙資金を集める気なのでは」と注目された。

 麻生氏は冒頭のあいさつで、新型コロナ対策を引き合いに「今の憲法が緊急事態に対応できるのか。これこそ最も急を要するテーマだ」と述べ、緊急事態条項を創設する改憲を議…

この記事は有料記事です。

残り507文字(全文858文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、杉田氏発言巡り「政治家は自ら襟を正すべきだ」

  2. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  3. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. ゴーン被告逃亡の手助けした米国人2人の身柄、日本に引き渡しへ 米当局と合意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです