国民・玉木代表、合流案「高く評価」 党名に「立憲」、消費税…なお綱引き

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
合流を巡る立憲民主党の提案と国民民主党の主張
合流を巡る立憲民主党の提案と国民民主党の主張

 国民民主党は16日、緊急役員会を開き、立憲民主党から提示を受けた党合流案について協議した。両党を解党して新党を結成するとした提案に対し、玉木雄一郎代表は役員会後の記者会見で「高く評価する」と賛同した。ただ、党名を「立憲民主党」とすることなどには難色を示しており、合流を巡る綱引きはなお続きそうだ。

 玉木氏は会見で「新型コロナウイルスの前後で、日本国民が政治に期待するものが大きく変わった。両党とも過去を投げ捨てて、新しいスタートを切る。(立憲の)枝野幸男代表の決断に賛同する」と語った。結党大会で代表選を実施することを支持する考えも表明した。

 一方、玉木氏は党名について「せっかく新党を立ち上げるならば、党名を新しく選ぶべきだ。民主的な手続きを経て、選ぶことを提案したい」と指摘。消費税や憲法についても「基本的な考え方は(合流前に)合意したほうがいい」と述べた。近く立憲側に申し入れる方針だ。

 玉木氏が党名をやり玉に挙げたのは、保守系議員が多い国民には、リベラルな印象を受ける「立憲」という名称への拒否反応が強いためだ。役員会でも、国民が求めてきた「対等合併」と同義となる「両党解党」案への異…

この記事は有料記事です。

残り712文字(全文1209文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集