メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国民・玉木代表、合流案「高く評価」 党名に「立憲」、消費税…なお綱引き

合流を巡る立憲民主党の提案と国民民主党の主張

 国民民主党は16日、緊急役員会を開き、立憲民主党から提示を受けた党合流案について協議した。両党を解党して新党を結成するとした提案に対し、玉木雄一郎代表は役員会後の記者会見で「高く評価する」と賛同した。ただ、党名を「立憲民主党」とすることなどには難色を示しており、合流を巡る綱引きはなお続きそうだ。

 玉木氏は会見で「新型コロナウイルスの前後で、日本国民が政治に期待するものが大きく変わった。両党とも過去を投げ捨てて、新しいスタートを切る。(立憲の)枝野幸男代表の決断に賛同する」と語った。結党大会で代表選を実施することを支持する考えも表明した。

 一方、玉木氏は党名について「せっかく新党を立ち上げるならば、党名を新しく選ぶべきだ。民主的な手続きを経て、選ぶことを提案したい」と指摘。消費税や憲法についても「基本的な考え方は(合流前に)合意したほうがいい」と述べた。近く立憲側に申し入れる方針だ。

 玉木氏が党名をやり玉に挙げたのは、保守系議員が多い国民には、リベラルな印象を受ける「立憲」という名称への拒否反応が強いためだ。役員会でも、国民が求めてきた「対等合併」と同義となる「両党解党」案への異…

この記事は有料記事です。

残り712文字(全文1209文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビー元日本代表、湯原祐希さん死去 36歳 トレーニング中倒れ

  2. 岸田氏、古賀氏と決別決意? 派閥パーティー招待せず 総裁選対応に不満

  3. 「サカキバラとは違う。必要に迫られて」 座間事件9人殺害・白石被告一問一答(その1)

  4. 暴走のトランプ氏か言葉に窮するバイデン氏か 「史上最悪」醜態のテレビ討論会

  5. 新型コロナ 市町村別感染者数 /千葉

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです