メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュース解説 まいもく

第138回「ボルソナロ大統領も陽性 感染者数世界第2位 ブラジル・コロナ最新事情」

[PR]

「感染者数世界第2位 ブラジル・コロナ最新事情」をテーマに、感染拡大に歯止めがかからない現地の状況を解説するサンパウロ支局の山本太一記者(右)と中嶋真希記者=東京・竹橋の毎日新聞東京本社で2020年7月15日午後、佐藤賢二郎撮影

 深掘りしたいニュース、話題について毎日新聞の記者や専門家に聞く毎週木曜日配信のニュース解説「まいもく」。今日のテーマは「感染者数世界第2位 ブラジル・コロナ最新事情」です。サンパウロ支局の山本太一記者が解説します。

 世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は13日の記者会見で、世界で新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからない状況について「あまりにも多くの国が、間違った方向に向かっている」と指摘。世界の感染者数は米国が最多で、次に多いのがブラジルです。

 ブラジルの感染者数は約200万人、死者は7万人を超え、今も感染拡大が続いています。新型コロナ感染症を「ちょっとした風邪」と呼び、危険性を軽視していた同国のボルソナロ大統領も7日に自身の感染を発表しました。なぜ感染拡大は止められないのか。現地で取材を続ける山本記者にじっくり聞きました。

 「まいもく」は読者、視聴者の「知りたい」に答えます。取り上げてほしいテーマや質問をメール(movie@mainichi.co.jp)までお寄せください。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  2. 首相また会見18分、質問二つで終了 追加受けず 帰省「一律自粛求めず」

  3. 首相会見に識者「政府の責任から逃げている」「質疑は『おまけ』という姿勢」

  4. 「崖暮らし」の子ヤギ 「ポニョ」と呼ばれ人気者に 救出作戦練る飼い主 千葉・佐倉

  5. ORICON NEWS ホリプロ、舞台『アクタージュ』の今後は「改めてご報告」 原作者が逮捕報道で事実確認中

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです