メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

崩れる1国2制度・市民はいま

香港・出版も販売も…国家安全法の影 解釈は中国次第

芸鵠書店の連安洋店長。店内には抗議デモに関する書籍も多く並べられている=香港・湾仔で2020年7月7日、福岡静哉撮影

 香港中心部を走るヘネシーロード沿いの古ぼけたビル。最上階の14階でエレベーターを降りると、2019年6月から続く政府への抗議デモに連帯を示すたくさんのステッカーが目に飛び込んできた。「香港に自由を」「最後まで闘おう」――。

 このフロアにある「芸鵠(げいこく)書店」の連安洋店長(36)が「デモ参加者が次々と貼っていったのです」と教えてくれた。書店はデモに好意的なことで知られ、行進ルート上にあることから多くの人が店内で涼をとり、喉を潤していったという。

 広々とした店内には文化、芸術、社会学、哲学など幅広い分野の書籍が並ぶ。「自由の6月」「香港抗争」。抗議デモについての本も少なくない。

 連さんは学生時代、美術や絵を学んだ。民間企業でイラストレーターとして活躍していた14年、普通選挙の実現を目指し中心部の幹線道路を占拠する大規模デモ「雨傘運動」が起きた。連さんも参加したが、運動は79日間続いた後、警察に強制排除されて終わった。

 挫折の中で「他に社会に貢献できる道はないか」と考え続けた。以前から関心のあった農業に従事した後、18年に店長となった。「批判的な思考力を養うことはとても大切だ。幅広い『知』を市民に提供したい」。そんな思いからだ。

 中国による香港への統制を強化する「国家安全維持法」(国安法)が6月30日に施行されると、香港政府は民主活動家の黄之鋒氏ら3人の著作について「国安法違反の疑いがある」として公立図書館での閲覧や貸し出しを…

この記事は有料記事です。

残り1906文字(全文2530文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ミルクボーイ」の内海さん、新型コロナ感染 駒場さんも自宅待機

  2. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  3. 安倍政権が残したもの 自制失った政治家、露骨に表現に介入 「菅政権では改善しない」津田大介さん

  4. ORICON NEWS 欅坂46“ラストライブ”は無観客配信で 2日間別メニュー“静”と“動”の両面を存分に

  5. 「量が多く面倒」児童の絵日記などを家庭ごみで廃棄 教員を停職処分 新潟

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです