メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

グレタさんら EUや各国首脳に公開書簡「化石燃料投資の中止を」

国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)の地球温暖化による危機をテーマにしたイベントにパネリストとして参加し、演説するスウェーデンの環境活動家、グレタ・トゥーンベリさん=スペイン・マドリードで2019年12月11日、鈴木理之撮影

 スウェーデンのグレタ・トゥーンベリさん(17)ら欧州の若者世代の環境活動家4人が16日、欧州連合(EU)と世界の指導者に対し、化石燃料への投資や補助金の中止などを求める公開書簡を発表した。「現在、子供たちが安全な環境で未来と向き合える場所は、地球上にない」として、気候変動対策の抜本的な転換を訴えている。

 ノーベル平和賞受賞者のマララ・ユスフザイさんや米俳優のレオナルド・ディカプリオさん、英ロックバンドのコールドプレイなど2000人以上の著名人・グループや科学者たちが賛同者として名を連ねた。

この記事は有料記事です。

残り590文字(全文838文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風12号発生 今後の情報に注意呼びかけ 気象庁

  2. 神戸市立小学校でクラスターか 児童と教員ら計27人が感染 25日まで臨時休校

  3. 現場から うがい薬で「コロナに勝てる」、不十分なデータ基に会見 一府民、情報公開請求で解明 活動、ネットで広がる /大阪

  4. 全国初 レクサスパトカー GT-Rに続き会社役員が栃木県警に寄贈

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです