特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

大阪で新たに66人が感染 東大阪のバーでクラスターか 兵庫の感染は17人

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
大阪府庁=大阪市中央区大手前で2019年2月25日、芝村侑美撮影
大阪府庁=大阪市中央区大手前で2019年2月25日、芝村侑美撮影

 大阪や兵庫など近畿4府県で16日、新型コロナウイルスの新規感染者数が緊急事態宣言の解除後で最多になった。大阪府は10~90代の男女66人が新たに確認され、宣言の解除以降で最多だった15日の61人をさらに5人上回った。東大阪市内のバーでは従業員や客ら計12人の感染が判明し、府は「夜の街」でクラスター(感染者集団)が発生したとみて感染防止策の徹底を呼びかけている。

 府によると、66人はいずれも軽症か無症状で、経路不明者は34人だった。44人は30代以下で依然として若い世代の感染が目立つ。16日の検査数は1133件に上り、2日連続で1000件を超えているが、検査数に占める感染者の割合を示す「陽性率」も5・8%で増加傾向が続いている。

この記事は有料記事です。

残り369文字(全文687文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集