メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪の30代、高知県でコロナ感染確認 一時連絡取れず、入院手続き始める

写真はイメージです=ゲッティ

[PR]

 高知県は16日、四万十市を訪れていた大阪府の30代の女性会社員が、新型コロナウイルスに感染したと発表した。女性は「仕事で訪れた」と県に説明し、感染確認後に一時連絡が取れなくなった。

 県内の感染確認は76人目。県によると、女性は13日、JR西日本の高速バス(午前6時半大阪駅発、同11時40分高知駅着)で高知市に到着後、四万十市に移動した。せきや悪寒の症状があり、14日に37度台の熱が出たため、四万十市内の医療機関で受診。15日に陽性が確認され、午後3時ごろに主治医が電話で結果を伝えた。県が入院手続きをやりとり中に女性と連絡がつかなくなったが、16日になって連絡が取れたという。午後に宿毛市の医療機関への入院手続きを始めた。

 県の発表によると、女性は「会社の支店を四万十市に出す仕事で来た」と県に電話で説明。しかし県の調査で確認できず、高知市から四万十市への移動手段や宿泊場所も確認が取れなかった。女性は自由診療で受診していた。医療機関を出て、タクシーで市街地へ移動した後の足取りが一時不明となった。

 県は女性の所在地や連絡がついた経緯などを明らかにしておらず、17日夕に改めて説明する。健康対策課は「情報を整理できておらず、小出しにすると不安に思う方もいる」としている。【郡悠介】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  2. 「Hey!Say!JUMP」伊野尾さんがコロナ感染 他メンバーは陰性

  3. 出た!大阪・梅田で人骨1500体超 別の場にもウメタ?埋葬想定より遅い江戸~明治

  4. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

  5. シリーズ・疫病と人間 あまりに悠長だ。政権も野党も国民も ファーストリテイリング会長兼社長・柳井正氏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです