メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナでもやまぬ甲子園のヤジ 虎党? 分かっちゃいるけどやめられないワケ

阪神-DeNA戦をソーシャルディスタンスを保って観戦する阪神ファンら。一回裏、阪神の先頭打者・近本が本塁打を放った=阪神甲子園球場で2020年7月10日、山崎一輝撮影

 阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)でのヤジが止まらない。14、15日のプロ野球・阪神―ヤクルト戦は2試合連続で、観客のヤジや大声の影響で選手がタイムを取り、試合が止まる一幕があった。いずれも観客席に向かって球審が注意する珍しい事態が発生。ヤジは発信元が特定されにくく、ヤクルトファンの可能性もあるが、15日現在で最下位に沈む阪神ファンの可能性が大きい。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため大声を出すことが禁じられているのに、なぜ声を上げてしまうのか。【田中将隆】

 昨年までの試合では、私設応援団が応援歌やチャンスマーチを生演奏してきたが、今季は現在のところ観客が5000人以下に制限されており、鳴り物での応援も自粛中だ。甲子園では阪神の攻撃時に録音された音源が流れるが、ビジターチームの攻撃時は無音で、「ヤジ」は個人の声でもよく響く。

 今回はいずれもヤクルトの攻撃時に起こった。14日は三回に青木の打席で「はよ構えろや…

この記事は有料記事です。

残り764文字(全文1173文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  2. ヤフー、最大39万件のID誤登録 氏名、住所、電話番号など別の利用者に

  3. 新型コロナ 新たに65人が感染 所沢の病院で4人死亡 /埼玉

  4. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  5. 川崎の駐車場で露出 公然わいせつ容疑で港区議逮捕 否認「右手で隠していた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです