メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナ相談事業、89社の情報流出 京都市

 京都市は16日、新型コロナウイルス対策で市が6月から始めた中小企業向けの相談事業を利用した企業89社の相談データが、インターネット上に流出したと発表した。相談に当たる行政書士や委託業者などで情報を共有するサイトに、パスワードの設定ミスなどがあり、ほぼ全ての内容が約1カ月間、誰でも閲覧できる状態だった。

 市によると、流出したのは相談した会社名など企業情報や相談の内容、補助金・融資申請の有無、売り上げ減少の状況など。相談内容のデータを相談を担当する関係者で共有するため、市の委託業者が6月16日に専用サイトを開設したが、パスワードの設定が不十分で、第三者が検索して閲覧できる状態になっていたという。

この記事は有料記事です。

残り159文字(全文459文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍氏は国会で虚偽説明し続けていた…「桜を見る会」前夜祭 立件可否焦点に

  2. 大阪市北区、中央区で休業・時短要請へ 27日から15日間 50万円給付調整

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  5. 安倍前首相周辺が補塡認める 「桜を見る会」前夜祭

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです