新型コロナ 市の電話に「心当たりない」 20代警察官感染 救急搬送時に申告 /青森

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
県警本部の入り口では警察職員の感染を知らせる張り紙が設置された=青森市の県警本部で
県警本部の入り口では警察職員の感染を知らせる張り紙が設置された=青森市の県警本部で

 青森市は16日、同市に住む20代男性警察官が新型コロナウイルスに感染したと発表した。男性は10日に感染が判明した派遣型風俗店に勤める20代女性の濃厚接触者で、市は店から提供を受けた顧客名簿に従い男性に連絡をとり検査を呼びかけていたが、当初、「心当たりはない」として女性との接触を否定していた。県内で確認された感染者は31人となった。【江沢雄志、平家勇大】

 同市や県警によると、男性は県警本部の警備部に所属。8日に風俗店の客として女性と接触し、12日夜から喉の違和感やせきなどの症状が出ていた。14~15日は十和田署に出張していたが、同日に発熱や味覚障害などの症状があり、市内の指定医療機関に緊急搬送された。抗原検査の結果陽性が判明した。

この記事は有料記事です。

残り567文字(全文886文字)

あわせて読みたい

ニュース特集