新型コロナ 3信組「地元事業者支援を」 いわき、会津商工、相双五城 ネット購入通じ /福島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
温室栽培の芽子にんにくとウインド・ファームの丸山節子社長
温室栽培の芽子にんにくとウインド・ファームの丸山節子社長

 いわき(江尻次郎理事長)、会津商工(小林利典理事長)、相双五城(梅澤国夫理事長)の県内3信用組合が、クラウドファンディングサイト「MOTTAINAIもっと」(https://mottainai−motto.jp/)の「新型コロナ対応事業者応援プロジェクト」を通じて、地元事業者への支援を求めている。

 支援金に応じて商品を送る「購入型」がメインのクラウドファンディングで、サイトの利用手数料は、信組の業界団体、全国信用協同組合連合会(全信組…

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文552文字)

あわせて読みたい

注目の特集