メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イノシシから水田守れ 柏崎・稲作農家が研修会 電気柵設置や生態学ぶ /新潟

電気柵の設置法について、今村さん(左)の説明を熱心に聞く参加者たち=新潟県柏崎市西山町で

 柏崎市で14日、増加傾向にあるイノシシによる被害軽減のため、市内の稲作農家を対象に電気柵の設置などを学ぶ研修会があった。繁殖力が強いイノシシの個体数を減らすには7割以上の駆除が必要で、駆除に加えて柵による防護、やぶの草刈りなどの緩衝帯の整備を組み合わせた対策が効果的だという。

 講師は、鳥獣被害のコンサルティングをする企業「うぃるこ」(長岡市)の今村舟さん(30)。イノシシの生態と電気柵による被害防止対策を説明した。

 イノシシ被害は、農作物や人身への被害、車との衝突事故などがあり、市内では水田での泥浴びによる水稲被害が主だ。イノシシは、体に寄生するダニを除去したり、体温を調節したりするため、泥浴びをするヌタ場を好む。

この記事は有料記事です。

残り525文字(全文837文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 西野七瀬、初舞台に緊張しきり「ストレッチからガチガチ…」

  2. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  3. 駿河湾に1メートル超の深海魚 「ヨコヅナイワシ」と命名 海洋機構ら研究チーム

  4. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

  5. 名古屋市消防局が救急搬送の2人、心肺停止に ベッド満床で受け入れ先見つからず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです