メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あなたの願い込めて 紙絵馬制作が最盛期 高山の総版元、池本屋 /岐阜

絵馬市に向け1頭ずつ描き上げられる絵馬=岐阜県高山市八軒町の池本屋で

 8月9、10の両日に高山市で絵馬市が開かれるのを前に、同市八軒町の松倉絵馬総版元「池本屋」では紙絵馬の制作が最盛期を迎えている。家内安全や商売繁盛を願って家内に貼る風習は、約200年前に始まったとされる。

 所有する牛馬と毛色の似た絵馬を買い、馬頭観音に代参し牛馬の安全や稼ぎを祈願したのが始まりとさ…

この記事は有料記事です。

残り227文字(全文377文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  2. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  3. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  4. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  5. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです