メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都構想 賛否の一本化困難 自民府連討論会「更に議論必要」 /大阪

「大阪都構想」について、自民党大阪府連の議員が賛成派と反対派に分かれて行われた討論会=大阪市中央区の北浜フォーラムで、野田樹撮影

 大阪市を廃止し、四つの特別区に再編する大阪都構想を巡り、自民党府連は16日、大阪市内で公開討論会を開いた。大阪市議を中心とする反対派と、大阪市以外から選出された府議らによる賛成派の立場の違いが鮮明になり、11月1日に想定される住民投票に向けた意見の一本化は更に困難な見通しになった。【津久井達、石川将来、野田樹】

 自民は2019年12月、制度案の大枠を問う中間採決で反対したが、20年6月の正式採決を前に府議団が賛成に転じた。この日は、住民投票を前に、双方の意見を整理しようと討論会を開いた。賛否双方から各5人が参加し、砂原庸介・神戸大大学院教授がコーディネーターを務めた。

この記事は有料記事です。

残り547文字(全文835文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民・杉田議員「女性はいくらでもうそ」 性犯罪に関し党会議で発言 記者団には否定

  2. ORICON NEWS 渡部建のラジオ『GOLD RUSH』8年の歴史に幕 現役大学生・長谷川ミラの新番組スタート

  3. ファーウェイ大型施設で大規模火災 中国・広東省 スマホ事業への影響懸念

  4. 横浜・野毛の象徴 樹木希林さん実家の居酒屋「叶家」が27日に閉店

  5. くらしナビ・ライフスタイル 「愛の不時着」12の疑問/上 ドラマで注目、北朝鮮の現状は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです