メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新生スサノオ

バスケットボール 鈴木氏、今季HC継続 パワハラ問題「行動で信頼回復」 /島根

今季HCとして復帰した鈴木裕紀氏=松江市鹿島町佐陀本郷の鹿島総合体育館で、前田葵撮影

 プロバスケットボールBリーグ1部の島根スサノオマジックは15日、今季のヘッドコーチ(HC)として鈴木裕紀氏(43)と契約すると発表した。鈴木氏は今年1月にチームスタッフらへのパワーハラスメント問題が発覚し、現場から離れていた。パワハラ発覚以降、初めて報道陣の前に姿を見せた鈴木氏は「(被害者に)苦しい思いをさせ、応援していただいている皆様に迷惑と失望感を与えてしまい申し訳ありませんでした」と謝罪した。

 鈴木氏との契約は4季目。パワハラ問題で2カ月の職務停止処分を受けた後、3月にゼネラルマネジャー(GM)の監督下にある特任コーチとして復帰し、球団のスクール指導や社会福祉施設でのボランティアに当たっていた。

この記事は有料記事です。

残り316文字(全文621文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 歌手の小金沢昇司容疑者を酒気帯び運転の疑いで逮捕 容疑認める 警視庁高井戸署

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」 木本忠昭・日本科学史学会会長

  3. 日本新薬が勝ち越し アーチ2本、三菱重工広島に 都市対抗

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです