メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

豪雨災害から命を守る

 活発な梅雨前線による九州などでの豪雨で、多くの命が犠牲となっている。毎年のように繰り返される豪雨災害。「数十年に1度」の大雨への警戒を呼び掛ける「大雨特別警報」も頻発している。今年は新型コロナウイルス対策も求められ、さまざまなリスクが重なり合う。私たちは、どのように命を守ればよいのだろうか。

 今回の九州豪雨では、洪水の時の被害想定区域を示すハザードマップを上回る浸水が発生した。近年の梅雨は、私たちが長くイメージしてきた「しとしとと長雨が降る季節」ではなく、「危険で身の安全を守らなければならない季節」になっている。想定自体を見直すとともに、少しでも浸水リスクのある地域の人は、これまで以上に早めの行動が求められる。

 人間は、自らを脅かす危機に「わがこと意識」(自分たちに引き付けて考えること)があると、具体的な対策や行動をとることができる。犯罪や健康問題のような身近な危機では、わがこと意識を持ちやすい。子どもの連れ去り事件が起きれば、わが子に「夜は出歩かないように」と注意し、体調がすぐれなければ安静にしようと考える。しかし、災害は身近ではほとんど起きないため、わがこと意識が上がりにくい。最近は自然災害が相次ぎ…

この記事は有料記事です。

残り4048文字(全文4558文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 米総領事館、香港の活動家4人の政治亡命を拒絶 米中対立を避ける思惑か

  3. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. 持続化給付金詐取容疑、全国で55人逮捕 SNSで若者勧誘も 返還相談2000件超

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです