特集

Listening

話題のニュースを取り上げた寄稿やインタビュー記事、社説をもとに、読者のみなさんの意見・考えをお寄せください。

特集一覧

論点

豪雨災害から命を守る

  • コメント
  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 活発な梅雨前線による九州などでの豪雨で、多くの命が犠牲となっている。毎年のように繰り返される豪雨災害。「数十年に1度」の大雨への警戒を呼び掛ける「大雨特別警報」も頻発している。今年は新型コロナウイルス対策も求められ、さまざまなリスクが重なり合う。私たちは、どのように命を守ればよいのだろうか。

2段階スイッチで行動を 木村玲欧・兵庫県立大教授

 今回の九州豪雨では、洪水の時の被害想定区域を示すハザードマップを上回る浸水が発生した。近年の梅雨は、私たちが長くイメージしてきた「しとしとと長雨が降る季節」ではなく、「危険で身の安全を守らなければならない季節」になっている。想定自体を見直すとともに、少しでも浸水リスクのある地域の人は、これまで以上に早めの行動が求められる。

 人間は、自らを脅かす危機に「わがこと意識」(自分たちに引き付けて考えること)があると、具体的な対策や行動をとることができる。犯罪や健康問題のような身近な危機では、わがこと意識を持ちやすい。子どもの連れ去り事件が起きれば、わが子に「夜は出歩かないように」と注意し、体調がすぐれなければ安静にしようと考える。しかし、災害は身近ではほとんど起きないため、わがこと意識が上がりにくい。最近は自然災害が相次ぎ…

この記事は有料記事です。

残り4024文字(全文4558文字)

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集