メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 経団連提言、新味なく 問われる存在意義 夏季フォーラム

新型コロナウイルス対策に関する提言書を経団連役員から受け取る尾身茂・感染症対策分科会長(中央)=東京都千代田区で16日

 企業経営とは一線を画し、大所高所から時の政権に物申す財界。その総本山とされる経団連が16日、東京都内で日本の課題を話し合う夏季フォーラムを開催した。「Go Toトラベル」を巡る混乱など、コロナ禍で打ち出す政策がことごとく後手に回る安倍政権に対し、どんな政策提言をするのか。その存在意義が問われている。

 「新たな経済体制でいろいろな仕組みが見直されると、政府に任せた経済成長は全く成り立たない。経済界が主導権を握って(成長を)進めていく必要がある」。フォーラムの冒頭、中西宏明会長は参加した企業トップ40人にこう訴えた。

この記事は有料記事です。

残り1096文字(全文1356文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いきものと生きる バッタ 海を渡る=五箇公一

  2. 月刊・時論フォーラム 馬毛島の基地計画/弾劾訴追/養鶏と政治

  3. 社説 11年ぶりに自殺者増加 コロナ下こそ届く支援を

  4. 社長ではなく総務部長? 安倍政権の大番頭「危機管理の菅」とは何だったのか

  5. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです