メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナワクチン 高齢者優先接種へ 医療者、基礎疾患ある人も

 政府は16日、新型コロナウイルス感染症対策分科会(会長=尾身茂・地域医療機能推進機構理事長)で、開発中のワクチンが実用化された後の予防接種の優先順位を決める議論を始めた。医療従事者と重症化リスクが高い高齢者や基礎疾患のある人を優先させる方向で、8月中にも「基本方針」の中間取りまとめを行い、供給量などが固まった時点で最終確定する。

 新型コロナのワクチンは世界的に開発競争が進んでいる。しかし、実用化当初は生産量が限られ、国民に広く行き渡る量の確保は困難とみられる。同日の分科会では、新型コロナのワクチン接種の目的を議論。「まん延防止」と「死亡者や重症者の発生抑制」に重点を置くと同時に、早期の接種を目指し「簡素で効率的な仕組みが重要」とする事務局案が示された。

この記事は有料記事です。

残り535文字(全文866文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ショーン・コネリーさん死去 90歳 「007」のボンド役 BBC報じる

  2. 余録 映画「007」シリーズの第2作、「ロシアより愛をこめて」は…

  3. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 「田分け」以上の愚行 大阪市廃止は投票で防げる

  5. 22歳孫の祖母介護殺人 「自助に頼る国の悪癖」露呈 就職氷河期経験者が読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです