メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女の気持ち

返ってきた喜び 千葉市若葉区・庄司昌子(主婦・77歳)

 新型コロナウイルスの影響で外出ができなくなり、めいってしまう日々が続きました。でもある日「こんな状態で毎日を過ごすのはもったいない。何か私にできることをやろう」と前向きに考え、「今、私が一番うれしいことを誰かにしてあげよう」と思いついたのです。私がうれしいこと、それは家の郵便受けに自分宛ての手紙を見つけることでした。

 友人にメールではなく、自筆で手紙を出し始めました。友人たち一人一人のうれしそうな顔を思い浮かべながら、そのころ偶然自宅の本棚で見つけた子ども用の絵本にあった「なぞなぞ」を添えて。

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文552文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 工事現場の足場から金属製パイプ落下 通行人2人が重軽傷 神戸

  2. メルケルの歩み サウナバッグを手に「壁」越えた日 物静かな優等生35歳の転身

  3. 立憲 最高顧問に菅直人、野田佳彦両元首相 小沢一郎氏らは固辞

  4. 「相棒」 芦名星さんの代役立てず テレビ朝日会長「得がたい存在」

  5. 「揚げ足取りばかり」「対案示さない」 野党に厳しい意見 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです