メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

「国は責任を認めて」 聴覚障害の夫婦 福岡地裁初弁論

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強いられ、憲法が保障する幸福追求権などを侵害されたとして、共に聴覚障害のある福岡市の男性(82)と妻の女性(78)が国に計2000万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が16日、福岡地裁(立川毅裁判長)であった。原告女性が手話通訳を介して意見陳述し「国には責任を認めおわびしてほしい」と訴えた。国は答弁書で請求棄却を求め、争う姿勢を示した。

 手術を受けたのは男性。女性は受けていないが、夫が結婚直前に説明もなく病院に連れて行かれ手術を強制させられたことを結婚後に知った。「もう子を持つことができないと、本当に苦しんだ。夫は手術を受けたことによって人生を奪われた」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り462文字(全文774文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. 新型コロナ変異株、東京の40代男性が感染 10代未満女児の濃厚接触者

  3. イオン、就業時間中は全面禁煙に 従業員45万人対象 「卒煙」支援も

  4. ORICON NEWS ジャングルポケット・斉藤慎二、新型コロナ感染 相方おたけ&太田博久は陰性

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです