特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

「神奈川警戒アラート」発動迫る 2日連続40人超 知事「非常に危機感」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
9日の対策本部会議で「感染防止対策取組書」が掲示されている店の利用を訴え、都内の接待を伴う飲食店の利用を控えるよう求める黒岩知事=横浜市中区の県庁で、2020年7月9日、木下翔太郎撮影
9日の対策本部会議で「感染防止対策取組書」が掲示されている店の利用を訴え、都内の接待を伴う飲食店の利用を控えるよう求める黒岩知事=横浜市中区の県庁で、2020年7月9日、木下翔太郎撮影

 神奈川県内で16日、新型コロナウイルスの感染者が新たに48人確認された。40人超になるのは15日(43人)から2日連続で、緊急事態宣言解除後の最多を更新。県民に再び外出自粛を要請することになる県独自の「神奈川警戒アラート」の発動が迫っている。【木下翔太郎】

 黒岩祐治知事が「一体」と表現する東京都は連日3桁の感染者が確認され、15日に感染状況の警戒レベルを4段階のうち最も高い「感染が拡大している」に引き上げている。黒岩氏は同日の定例記者会見で「非常に危機感を持っている。県内でも20人以上が続き、警戒感を持って注視している」と述べている。

 県の発表によると、県内で確認された1日あたりの感染者は、最多だった4月11日の76人をピークに減少傾向に転じ、5月25日の緊急事態宣言解除後は1桁で推移していた。6月に入り0人になったこともあったが、30日に横浜市中区のホストクラブに勤務する20~40代の従業員26人を含む31人の感染が確認されて約1カ月半ぶりに30人超となると、7月は1日と7日以外は2桁を記録。10、11日は30人を超えた。

この記事は有料記事です。

残り642文字(全文1112文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集