ふるさと納税 高知・奈半利町の指定、初の取り消し 返礼品基準に違反

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
総務省=東京都千代田区霞が関で、根岸基弘撮影
総務省=東京都千代田区霞が関で、根岸基弘撮影

 総務省は17日、ふるさと納税の対象自治体から、高知県奈半利(なはり)町の指定を23日付で取り消すと発表した。返礼品の基準に違反したためで、期間は2年間。自治体の指定制度が始まった2019年6月以降、取り消しは初めて。

 基準では、返礼品は寄付額の3割以下の地場産品に限っているが、同町は19年10月以降、ウナギやマグロなど基準に違反する…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文422文字)

あわせて読みたい

ニュース特集