メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GoTo東京除外 背景は政権の小池都知事への不信感

記者会見する菅義偉官房長官=首相官邸で2020年7月17日午前11時10分、竹内幹撮影

 「客観的に見て、東京の感染者数が突出しており、全国の感染者数の約半分を占める状況を踏まえた」。菅義偉官房長官は17日の記者会見で「東京除外」の理由を強調した。政府は表向き、東京から地方への感染拡大防止と説明する。だが、全国一律での「Go Toトラベル」事業の実施に反発した小池百合子東京都知事に対する政権の不信感が「東京除外」につながったのが実態だ。

 政府にとって同事業は経済回復につなげるための看板政策だ。菅氏を中心に「全国一律でなければ意味はない」(政府高官)との声が強かった。

この記事は有料記事です。

残り682文字(全文924文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NY株続落、509ドル安 1カ月半ぶり安値 コロナ再流行の影響懸念

  2. 台風12号が北上 本州接近へ 23~25日、大荒れ警戒

  3. 4連休最終日 空の便は午後の予約率97% 高速道も朝から渋滞

  4. 欧州ニュースアラカルト 「記録的な熱波は始まりに過ぎない」 ポルトガルの若者が欧州人権裁判所に提訴

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです