新味ないデジタル化、財政黒字化言及なし…「骨太の方針」識者の見方

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
経済財政諮問会議・未来投資会議合同会議で発言する安倍晋三首相(中央)。左は麻生太郎副総理兼財務相、右は西村康稔経済再生担当相=首相官邸で2020年7月17日午後4時52分、竹内幹撮影
経済財政諮問会議・未来投資会議合同会議で発言する安倍晋三首相(中央)。左は麻生太郎副総理兼財務相、右は西村康稔経済再生担当相=首相官邸で2020年7月17日午後4時52分、竹内幹撮影

 政府は17日、経済財政運営の指針「骨太の方針」を閣議決定した。新型コロナウイルス感染症の対応で遅れが浮き彫りになった行政のデジタル化と、頻発する災害への対策の強化が大きな柱。財政健全化については、コロナ対策で大規模な財政出動をしていることもあり、2025年度までに基礎的財政収支(プライマリーバランス)を黒字化する政府目標に関する直接の言及を見送った。野村総合研究所の木内登英エグゼクティブ・エコノミストと日本総合研究所の野村敦子主任研究員に今回の「骨太の方針」について聞いた。

この記事は有料記事です。

残り1032文字(全文1272文字)

あわせて読みたい

注目の特集